水と健康について

まず、私たちの体の大半は水でできています。

その割合は加齢と共にその割合は徐々に減り、新生児は約80%ですが、成人は60%、そして高齢者では約50%にまでなると言われています。 つまり体の水分量は、体の若さや健康度を計るバロメーターでもあるというわけです。

水は血液として酸素や栄養素を体中に届け、不要物を集めたり、集めた老廃物を、尿として体外に排出したり、汗を出すことで体温を調節するなど、私たちが生きていく上で欠かせない役割を果たしています。

実際、体の水分のうちおよそ20%が失われると、私たちは生きていけないと言われており、水が生きていくためになくてはならないものであることがわかります。

入ってくる水は大切

体内の水分量を適切に保ち健康に過ごすためには失われる水をきちんと補給する必要があるわけですが、そのためには特に飲み物としての水を意識して摂取することが大切です。

では、具体的に一日にどのくらいの水が必要なのでしょうか?
その量はおよそ1.5リットル!
もちろん、汗を大量にかいたときなどはその分だけ多く水分(厳密には水分以外に塩分・ミネラルなど)を摂ることが必要になりますし、その水の質も大切な要素です。

ウォーターサーバーで新鮮で安心な水を摂りましょう。

摂る水も大切です。私たちはここでアクアマジックOne-Wayをお勧めしています。

アクアマジックOne-Wayは、衛生管理を徹底した清潔なプラントで厳しい品質管理のもと製造されており、その水を定期的にご自宅まで配送してくれるサービスです。

私たちが普段日常で口にするお水、
そのお水をもっと衛生的で美味しく手軽に、そして安心・安全にお届けしたいと思っています。

詳しくはこちら

one-way

飲む以外にもある ! 健康のための水の使い方

毎日の入浴が疲れを癒すひとときという人も多いですが、
入浴には、体の汚れを落とすだけではない様々な健康効果があります。

温かいお湯に浸かることで、血行が良くなり、老廃物が体外へ排出されやすい 38℃くらいのお湯は自律神経のうちの副交感神経を活性化させ、リラックス効果が期待できる 反対に目覚めの悪い朝にはやや熱めのシャワーを浴びることで、交感神経が作用しスッキリとするということもあります。